本文へ移動

脊椎外科

脊椎外来のご案内

脊椎外科の特色

脊椎疾患(背骨が原因となる病気)を診察する専門外来です。

脊椎疾患の主な症状

  • 首や背中、腰の痛み
  • 手足のしびれや痛み
  • 手指の使い勝手が悪い(巧緻性障害)
  • 歩きにくい(歩行障害)

脊椎疾患の精査が必要な方、手術適応の方に対応させていただく予約外来のため、初診での予約はお取りできません。
受診を希望される方はまず初診外来の予約をお取り下さい。

診察の結果、脊椎疾患の精査・治療が必要な方へ脊椎外科予約をご案内させていただきます。通院中の方は担当医へご相談ください。
※紹介状をお持ちの方は予約時にお伝えください。
予約方法についてはこちらをご覧ください

脊椎外科医師のご紹介

氏名
専門
資格等
有吉 大
(ありよし だい)
整形外科一般
脊椎外科
日本整形外科学会専門医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会:脊椎内視鏡下手術・技術認定医(2種)
中村 洋
(なかむら ひろし)
整形外科一般
脊椎外科
日本整形外科学会専門医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会:脊椎内視鏡下手術・技術認定医(2種)

診療内容

保存治療(手術以外の治療)で治る見込みがある場合には、薬物治療・注射・各種ブロック注射・運動療法等を行います。
十分な保存治療を行っても効果が乏しい場合、脊椎疾患による運動麻痺や膀胱直腸障害(排尿・排便の障害)がある場合には手術治療をお勧めしています。

当科では患者さんへの体の負担を最小限に抑えるため、内視鏡手術などの低侵襲脊椎手術も積極的に導入しています。また、顕微鏡やナビゲーションシステムなどの最新機器を備えており、正確で安全な手術を心がけています。
※低侵襲脊椎手術はすべての患者さんに適応となるものではありません。詳しくは、担当医にご相談ください。

当科で対応している主な疾患

  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 頚椎症(頚椎症性脊椎症、頚椎症性神経根症、頚椎症性筋萎縮症)
  • 圧迫骨折(骨粗鬆症性脊椎椎体骨折)
  • 後縦靭帯骨化症・黄色靱帯骨化症
  • 脊柱変形
  • 脊椎外傷

手術実績


2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
脊椎内視鏡手術(MED・MEL.MELF.CMEL)
64
49
64
102
114
87
胸腰椎後方除圧術
36
28
35
40
35
50
胸腰椎後方固定術
38
51
40
21
33
28
腰椎前方後方同時固定術(LLIF)
0
0
1
4
5
9
頚椎椎弓形成術
7
18
7
13
14
12
頚椎前方固定術
0
6
6
2
3
3
頚椎後方固定術
3
2
4
2
6
4
経皮的椎体形成術(BKP)
0
0
7
21
19
27
その他
12
18
11
15
6
14

160
172
175
220
235
234

脊椎外科外来診療体制







有吉 大
有吉 大
中村 洋
中村 洋