本文へ移動

病理診断科

病理診断科の特色

当科は、1名の常勤病理医、4名の非常勤病理医が病理組織診断を行っています。病理診断科における診療内容は消化器内視鏡検体、婦人科細胞診など診療各科より提出された各種検体(組織、細胞)の病理組織診断、術中迅速組織診断、細胞診断を提供することです。
病理診断科は、直接患者さんの診察は行いませんが、診療各科に受診中または入院している多くの患者さんのために精度の高い病理診断を行っています。
また、がん研病理部、信州大学との連携を密にしており、常に最新の情報を取り入れるとともに、高難度の症例については連携先の病理医に積極的にコンサルテーションを行い、より的確な診断を行っています。
なお、当院は日本病理学会登録施設、信州大学医学部附属病院病理専門医研修連携施設、日本臨床細胞学会認定施設になっています。

診療体制についてはこちらをご覧下さい

常勤病理医1名、非常勤病理医4名
専任技師3名(細胞検査士有資格者)

病理診断科医師のご紹介

氏名
専門
資格等
北川 諭
外科病理診断
免疫組織化学
日本病理学会病理専門医・研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医・教育研修指導医
日本内科学会認定内科医
北川 知行
(非常勤医師)
病理
本山 悌一
(非常勤医師)
病理
菅野 祐幸
(非常勤医師)
病理
信州大学医師

診療内容

組織診:年間約2,000件
細胞診:6,000件
剖検:5件

最近の話題

増田医院との共同研究にて、穿刺吸引細胞診で診断しえた乳腺管状腺腫の1例について、その細胞像と臨床所見をまとめ、報告しました。