本文へ移動

リハビリテーション科

リハビリテーション科の特色

医師の指示のもとに急性期から慢性期、その後の在宅までの一貫したサービス提供を行い、患者様のニーズである早期自宅退院・社会復帰を目指しリハビリテーションを行っています。
当科は理学療法(PT:Physical Therapy)作業療法(OT:Occupational Therapy)言語療法(ST:Speech Therapy)訪問リハビリテーションの部門で構成され、それぞれに専門職である理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が配置されています。
当院では電子カルテ・オーダリングシステムを基幹とする医療情報ネットワークを導入しており、当科においてはリハビリ部門システムを導入しております。

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーションⅠ
  • 運動器疾患等リハビリテーションⅠ
  • 呼吸器リハビリテーションⅠ
  • 心大血管リハビリテーションⅠを追加

部門別スタッフ数

部門名
資格等
担当人員
理学療法
理学療法士
22人
作業療法
作業療法士
11人
言語療法
言語療法士
3人

理学療法

理学療法ではおもに体幹・下肢に機能障害がある方、歩行障害がある方や関節・筋肉に痛みのある方に対して、運動療法(関節可動域訓練・筋力強化訓練・疾患別運動療法等)・歩行訓練・起居動作訓練・物理療法(温熱療法・牽引療法)を行い、四肢機能の改善、痛みの軽減、歩行・移動手段の獲得を図り、早期の自宅復帰や社会復帰ができるようにしています。

作業療法

作業療法ではおもに上肢・手指の拘縮や麻痺によって日常生活に支障がある方に対し、上肢・手指の機能訓練を行い、食事動作、着替え動作やトイレ動作などその方に合った日常生活動作の方法を訓練します。また家庭復帰時には、その方の身体の状態にあった住宅改修・福祉機器の紹介・介助方法を指導します。

言語療法

言語療法は失語症・言語発達遅滞・構音障害のようなコミュニケーション障害や摂食・嚥下障害のある方への評価・助言・訓練を院内はもとより院外の他職種とも協力しながら行っています。

訪問リハビリテーション

当科理学療法士と作業療法士が、患者様宅を訪問させていただいています。

小児のリハビリテーション

小児科の医師の診療と連携して、新生児~学童期までの幅広い年齢のお子さんに対してリハビリテーションを行っています。お子さんの状態に合わせて、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が関わります。発達の様子、身体の状態を評価し、そのお子さんに合わせた支援・治療をご家族や支援者と一緒に考え提供していきます。