本文へ移動

循環器内科

循環器内科の特色

2020年4月より循環器内科診療が本格的に開始となりました。
部長の篠崎は、佐久市(浅間総合病院)で生まれ、高校卒業まで佐久市で育ちました。
医師となって内科研修後は、心臓の冠動脈をはじめ、下肢動脈、頸動脈、鎖骨下動脈、腎動脈などの末梢動脈を、カテーテルという細い管で拡張するカテーテル治療(インターベンション治療)を専門に、治療を行うとともに、学会発表や論文発表を行ってきました。
特に、下肢動脈に対するカテーテル治療を、手首の橈骨動脈から行う低侵襲治療においては、臨床研究を進めるとともに、それらにかかわる医療器具の開発を行ってきました。
今後は、それらのカテーテル治療を通して、佐久地域の患者さんの心臓や血管の病気の治療を行うとともに、心不全、弁膜症、不整脈などの一般的な循環器疾患の診療も行っていきたいと思っております。
心臓や血管のことで、何かお悩みのことがありましたら、いつでも循環器内科を受診下さい。

診療体制についてはこちらをご覧下さい

循環器内科医師のご紹介

氏名
専門
資格等
篠崎 法彦
(しのざき のりひこ)
冠動脈カテーテル治療
下肢動脈カテーテル治療
頸動脈ステント留置術
腎動脈ステント留置術などのカテーテル治療を中心とした循環器医療全般
医学博士
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本心臓リハビリテーション学会認定指導士

診療内容

当院では、心臓カテーテル検査、冠動脈カテーテル治療、末梢動脈カテーテル検査・治療、経胸壁・経食道心臓エコー検査、末梢動脈エコー検査、ホルター心電図、トレッドミル検査、各種RI検査、ABI、ペースメーカー植え込み術、経皮的僧帽弁形成術、経皮的中隔心筋焼灼術などを行うことが可能です。
特に、狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患、下肢動脈、頸動脈、鎖骨下動脈、腎動脈などの末梢動脈疾患を専門にしており、それらに対しては、生理検査、放射線検査などで診断を行い、必要な場合には、カテーテル治療を行っております。
また、心不全、弁膜症、不整脈、心筋症、肺血栓塞栓症など、他の循環器疾患に対しては、診断、内科的治療、ペースメーカー植え込み術などを行っています。